新型コロナウイルス感染症拡大に伴う
経済困窮学生への支援

コロナ禍で困窮する学生支援へのご寄付のお礼

2020年8月6日

早稲田大学総長 田中 愛治
早稲田大学常任理事(募金総括) 齋藤 美穂
早稲田大学校友会代表幹事 萬代  晃

 本年春学期の授業はすべてをオンラインで実施いたしましたが、8月1日に無事に終了いたしました。皆様のご支援のおかげと感謝しております。
 この度の新型コロナウイルス感染症拡大によって、感染した方、さらに重篤化された方、またお近くの方でお亡くなりになった方もいらっしゃるかと存じます。そのような方たちには心からお見舞いとお悔やみを申しあげます。

 この度の新型コロナウイルス感染症拡大によって経済的に困窮した本学の学生(大学生、大学院生、早稲田高等学院生、本庄高等学院生、芸術学校生)を対象にしました本学の学生支援策には、多くの皆様にご寄付いただき、誠にありがとうございました。
 おかげさまで、皆様からのご寄付の総額は、8月4日に5億円に達しました。これも皆様の「困っている学生を何とか救いたい」という温かいお気持ちのおかげであると、本学の教職員は心から感謝しております。全学の教職員を代表して御礼申しあげます。

 今回の学生への支援策は、「緊急支援金」(10万円)の給付、学生本人または保護者の家計が急変した場合の「早大緊急奨学金」(40万円)の規模の拡大、さらにオンライン授業の受講のための支援策として500台のパソコンと900台のWiFi機器の無償貸与がございました。いただきましたご寄付は、これらのために使わせていただく予定でございましたが、実際には「緊急支援金」(10万円)への希望者が多く、精査しても約5千人に支給しましたので、ほとんどのご寄付はこちらに使わせていただきました。残りのご寄付は、「早大緊急奨学金」(40万円)に使わせていただいております。

 本学は今回の新型コロナウイルス感染症拡大による学生支援の予算と致しまして、独自に7億円の予算を、今年度の予算から絞り出して準備して参りましたが、その大半は皆様からのご寄付によって支えていただくことができました。本当にありがとうございます。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大が収まりませんので、今後も学生への支援が必要になると考えております。この秋から、首都圏にアパートを借りたり、寮に入る学生の多くはアルバイトによって生活費を捻出しておりますが、そのアルバイトが激減した状態は変わらない状況が続いておりますので、本学と致しましては、学生支援を今後とも続けて参りたいと存じております。

 本学は、これ迄にコロナ禍への対策と致しまして、本年3月初旬にはオンライン授業を十分実施するためのインターネットによるオンラインのライセンスを2,000口購入して準備を致しましたほか、図書館が閉館中も希望する学生に、郵送での本の貸し出し、論文の必要な部分のコピーの郵送配布など、様々な施策を講じて参りました。今後も、この様な学生へのサービスは、必要に応じて継続して参る所存です。

 この度の、本学の卒業生(「校友」と呼ばせていただいております)の皆様、学生の保護者の皆様を始め、数多くの本学関係者の方々に温かいご寄付をいただきましたことを、心より御礼申しあげます。私たち教職員が「経済的な理由で、学業をあきらめる学生を一人も出したくない」という思いで始めました学生への支援策に対し、こんなにも数多くの皆様が支えてくださったことに、感謝に堪えません。

 なお、今回の緊急でのご寄付のお願いは、4月24日から開始いたしましたところ、最初の1週間あまりで約1億円を超えるご寄付を賜り、1ヶ月余りで約2億円、6月12日現在で3億円を超え、8月4日で5億円に達しました。これだけの短期間に5億円ものご寄付が集まったことは、本学の歴史に残ることでございます。本当にありがとうございます。

 当初は若い世代の校友を中心に今までにないほど数多くの方のご寄付がクレジットカードなどを通して非常に速いスピードで集まりました。ですが、最近は高齢の方の巻き返しが素晴らしく、人数の上でも金額でも若い世代を凌駕されておられます。また、海外の校友の皆様からも温かいご支援を頂戴いたしました。うれしい発見の連続でございます。

 本学は私学の雄として、全国の大学を最先端でリードする形で、様々な形での支援を、今後も困窮している学生に向けたいと存じております。今後とも、学生への支援を何卒よろしくお願い申しあげます。


 

「新型コロナウイルス学生支援」へ寄付をする

募集目的

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い経済的な影響を受けた学生への緊急的な経済的支援

募集金額

1口1万円
※1口未満のご寄付につきましても有り難くご厚意を受け取らせて戴きます。
※ご寄付は早稲田大学の寄付会員制度「WASEDAサポーターズ倶楽部」を通じて受け入れさせていただきますが、そのまま早稲田大学の経理に入金されることになります。
※新型コロナウイルス学生支援に対するご寄付は、「WASEDAサポーターズ倶楽部」の会員対象外の扱いとなりますので、ご了承ください。

※早稲田大学へのご支援は、寄付金控除の対象となります。

早稲田大学校友会支部・稲門会の皆さまへ

<ご参考>「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援金」へのご支援のお願い(2020年5月)