図書館


長い歴史をもつ本学図書館は、550万冊を超える蔵書数を誇る東洋屈指の図書館です。中央図書館をはじめ、各キャンパスに図書館があり、その図書資料の維持・購入などへのご支援をお願いいたします。

支援による貢献内容

学生・教員の勉学・研究や貴重な資料の保存などに大いに役立てられ、研究分野の発展、人間形成につながります。

本学の中央図書館について

早稲田大学図書館における図書館の歴史は、1882年、東京専門学校の創立と同時に設置された図書室から始まります。 以来何度かの改築・増築を経て、110年目の1991年、安部球場跡地に大学100周年記念事業の重要な柱のひとつとして 国際会議場と中央図書館からなる総合学術情報センターが建設され、4月1日に開館しました。


・蔵書総数:約250万冊(一般図書:約20万冊、研究図書:約155万冊を含む)

・年間入館者数:のべ約100万人(平日一日平均 約4,000人)

・閲覧席数:約1,800席


2Fロビー(図書館入口前)に「早稲田大学創立100周年事業募金寄付者芳名録」があります(2部あり、1部は開いてご覧頂けます)。 また、入口両側の壁面には「創立100周年記念事業タイル募金寄附者芳名」のプレート(2面)が飾られております。

寄付者インタビュー

本学へご支援をいただいているご校友の皆様の声をお伝えします。

一覧はこちら